みずほ銀行カードローンについて詳しく教えます!

 

 

このサイトではいくつもある銀行の中からみずほ銀行のカードローンについて詳しく説明していきます。

 

みずほ銀行カードローンを利用するにはみずほ銀行の普通預金口座の開設が必要となります。

 

口座を持っていなくてもカードローンと同時に申込することはできますが、融資までに時間がかかります。口座を持っていればweb完結を利用することができキャッシュカードをローンカードとして利用できます。


目次

  • みずほ銀行カードローンの商品
  • みずほ銀行カードローンの審査ポイント
  • みずほ銀行カードローンの申込方法
  • みずほ銀行カードローンの借入方法
  • みずほ銀行カードローンの返済方法
  • みずほ銀行カードローンの特徴

 

みずほ銀行カードローンの商品内容

 

みずほ銀行には以前コンフォートプランとエグゼクティブプランの2つの商品がありましたが、現在はなくなり1つになっています。

 

金利は2.0%~14.0%、限度額の上限は800万円となっています。銀行カードローン中で、金利はやや低め、限度額は標準的な設定になっています。

 

年齢は20歳~66歳未満となっているので、学生でも安定・継続した収入があれば申込できます。保証会社は、株式会社オリエントコーポレーションとなっています。

 

利用できる人 契約時の年齢が満20歳以上66歳未満の人
安定かつ継続した収入がある人
保証会社(株式会社オリエントコーポレーション)の保証を受けられる人
限度額 上限800万円
金利 2.0%~14.0%

 

金利の詳細

限度額 金利
10万円以上100万円未満 14.0%(13.5%)
100万円以上200万円未満 12.0%(11.5%)
200万円以上300万円未満 9.0%(8.5%)
300万円以上400万円未満 7.0%(6.5%)
400万円以上500万円未満 6.0%(5.5%)
500万円以上600万円未満 5.0%(4.5%)
600万円以上800万円未満 4.5%(4.0%)
800万円 2.0%(1.5%)

※()内は金利引き下げ適用後

 

引き下げ適用後の金利とは?

みずほ銀行カードローンの金利は、みずほ銀行で住宅ローンを利用していると0.5%引き下げできます。

 

みずほ銀行で住宅ローンを利用していれば、カードローンもみずほ銀行を利用するべきでしょう。。

 

みずほ銀行カードローンの返済額

前月10日の利用残高 限度額200万円以上 限度額200万円以下
1万円未満 前月10日現在の利用残高 前月10日現在の利用残高
1万円以上50万円以下 1万円 1万円
50万円超100万円以下 1万円 2万円
100万円超150万円以下 2万円 3万円
150万円超200万円以下 2万円 4万円

 

限度額が200万円以上は100万円単位で1万円ずつ増加、200万円以下は50万円単位で1万円ずつ増加していきます。

みずほ銀行カードローンの審査のポイント

 

 

みずほ銀行カードローンの審査のポイントは下記の5つとなります。

 

  • 借入額は年収の1/3以下
  •  

  • 安定かつ継続した収入がある
  •  

  • 信用情報は綺麗
  •  

  • 他社借入がない
  •  

  • 過去にカードローン完済実績がある
  •  


借入できる金額は年収の1/3以下となっています。以前は1/2までとなっていましたが、過剰貸付の問題で1/3へ引き下げられました。

 

そして収入が無ければ申込することはできません。安定した収入があればパートやアルバイトでも利用することはできます。

 

また信用情報が綺麗かということも審査ではポイントになってきます。信用情報とは過去~現在の金融取引(カードローン取引)がわかるものです。

 

自己破産等の問題があれば異動情報というものが記録され、審査に通ることは難しくなります。

 

ただ過去にカードローン(クレジットカード含む)を全く利用していないスーパーホワイトな信用情報だと少し不審に思われます。

 

異動情報は、一定期間(5年~10年)で消えるため、過去に事故があったのではないかと思われるためです。そのため、一定の利用履歴があるほうが審査においては有利になります。

 

みずほ銀行カードローンの保証会社は?

 

銀行カードローンの審査で重要になってくるのが保証会社となってきます。それは銀行カードローンの審査は保証会社が行っているからです。

 

みずほ銀行カードローンの保証会社は株式会社オリエントコーポレーション(オリコ)になっています。保証会社は消費者金融や信販会社が行っているのが一般的です。

 

過去にみずほ銀行カードローンで自己破産や民事再生等の金融事故を起こしていなくても、株式会社オリエントコーポレーションで起こしていれば審査に通ることは難しいのです。

 

株式会社オリエントコーポレーションは、みずほ銀行カードローンだけではなく、その他の銀行でも保証会社となっています。

 

株式会社オリエントコーポレーションが保証している銀行で金融事故を起こしていても、みずほ銀行カードローンの審査に通ることが難しくなってきます。

 

みずほ銀行カードローンは増枠できるのか?

 

限度額以上の借入が必要となった場合は、審査に通過すれば増枠できます。

 

前回契約から一度も返済することなく増枠の申込をしても審査に通ることはできます。最低半年は遅れず返済することが必要です。

 

返済能力に余力があることを証明するため、追加返済を積極的に行っていれば審査に通りやすくなります。

 

申込をしなくても、みずほ銀行から増枠の案内がくることもあります。

 

みずほ銀行カードローンの申込方法

 

申込方法

・パソコン ・モバイル ・郵送 ・電話 ・窓口

 

申込方法は5つとなります。パソコン等を使ってwebから申込するのが一番便利といえるでしょう。

 

みずほ銀行の預金口座を持っていてwebから申込をすればweb完結が利用できます。web完結を利用すれば借入金額によっては身分証明書も無しで借入することができます。

 

そしてキャッシュカードをローンカードとして利用することができるるのです。

 

みずほ銀行カードローンは土日に審査が受けられない?

 

先述したように、みずほ銀行カードローンの申込は、パソコンやスマホを使ってwebから24時間365日申込することができます。

 

平日に申込をすれば審査をしてくれますが、土日に申込をすると審査が翌営業日まで行われず融資を受けることはできません。

 

休み前に審査が通過していればキャッシュカードを使って借入することはできます。休日に審査結果が知りたければ、別のカードローンを利用する必要があります。

 

みずほ銀行カードローンの借入方法

 

借入方法

・ATM ・みずほダイレクト(別途申込必要) ・自動貸越機能(キャッシュカード一体型のみ)

 

ATM(提携ATM)を利用して借入することはできますが、自行ATM以外は、手数料が必要となりますす。ゆうちょ銀行も利用することはできますが、キャッシュカード一体型は利用できません。

 

そしてみずほダイレクト(インターネットバンキング)を利用して借入することもできます。

 

また自動貸越機能がキャッシュカード一体型にはついています。自動貸越機能とは、キャッシュカードで預金口座から引き出そうとした時に、残高が不足していた場合、限度額内で自動的に借入(引き出し)ができる機能です。

 

提携ATM

 

みずほ銀行カードローンの返済方法

 

返済方法

自動引き落とし(毎月1回必須) ・ATM(任意返済) ・みずほダイレクト(別途申込必要)

 

返済方法は3つありますが、返済日は毎月10日に引落での返済が必要となります。延滞しても口座へ入金すれば引き落とされます。延滞している時はATMではなく預金口座へ入金する必要があります。

 

ATM、みずほダイレクトを利用することもできますが、追加返済ということになります。

みずほ銀行カードローンの返済日は毎月10日となっており、必ず自動引き落としでの返済が必要となります。

 

みずほ銀行カードローンの残高を知りたい時は?

 

  • ATM
  • インターネットバンキング(別途契約が必要)
  • 電話

 

残高確認をする方法は3つあります。ATMの詳しい操作方法はこちらを参考にして下さい。みずほ銀行ATM以外の提携ATMでも確認することができます。

 

わざわざATMへ行かなくても、インターネットバンキングを契約しておけば、パソコン・スマホで確認することができません。引き落とし後に取引明細書は送られてこないため、インターネットバンキングを利用する必要があります。

 

カードローン専用ダイヤルでも確認することはできます。電話番号は0120-324-555(携帯からも利用可)。電話をする時は、みずほダイレクトご利用カードを用意して下さい。

 

ATM手数料は必要なのか?

 

みずほ銀行カードローンをATM手数料0円で利用するには自行ATMを使うしかありません。しかも時間が平日8:45~18:00までとなっていて、時間外に利用すると手数料が必要となります。

 

上記のコンビニATM利用するには手数料(1万円以下108円・1万円超216円)が必要となります。

 

提携ATM手数料が0円の銀行カードローンがあることを考えると、少しもったいない気がします。

 

預金口座開設までの日数はどれくらい?

 

みずほ銀行カードローンを利用するのは預金口座が必要となります。口座開設、キャッシュカードが届くまでの時間について説明します。

 

店頭で口座開設

店頭はその場で手続きが完了するので通帳はその場で受け取りすることができます。

 

インターネットで口座開設

来店不要で郵送だけで手続きが完了します。パソコンやスマホで申込書を作成して身分証コピーを同封して郵送します。通帳は申込受付から約2週間後に本に限定受け取り郵便にてみずほダイレクトご利用カードと一緒に郵送されます。

 

スマホからの口座開設は

スマホから申込をすれば来店も郵送も不要で開設できます。身分証明書(運転免許証)をカメラで撮影して送信するだけ申込完了です。通帳は約1週間後にインターネット開設と同様に郵送されてきます。

 

キャッシュカードは?

 

通帳とキャッシュカードは同時には届きません。キャッシュカードは、簡易書留(転送不要)にて約1週間~4週間で郵送されてきます。

 

キャッシュカードが届くまでの日数

キャッシュカード機能のみ 申込完了後1~2週間
クレジット機能付きキャッシュカード 申込完了後3~4週間

 

みずほ銀行カードローンの特徴

 

  • 預金口座が無いと利用できない
  •  

  • web完結が利用できる
  •  

  • キャッシュカード一体型
  •  

  • 土日は審査の対応をしていない