アコムなら最短30分審査!1時間融資!

 

アコムの審査時間は最短30分融資まで最短1時間となっています。申込状況等によっては翌日以降になることはあります。

 

契約はweb完結が可能となっています。ただ必ずカード発行となるため郵送されて困る人は、自動契約機へ来店するようにしましょう。

 

アコムから即日振込融資を受ける時は、平日14時までに手続きをしないといけません。それ以降で即日借りたいときは自動契約機へ来店しなければいけません。

 

ただ三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・三井住友銀行の口座あれば、新規契約にに限り平日の18時まで受付、当日19時までに振込が実施されます。

アコムの金利は高い?低い?

限度額 上限800万円
借入利率 3.0%~18.0%
遅延利率 20.0%
申込条件 20歳以上で安定した収入と返済能力があること
収入証明書不要 原則50万円以下は不要

 

アコムの借入利率(金利)は3.0%~18.0%となっています。銀行カードローンと比較すると上限金利が高くなっています。

 

返済日は35日ごとまたは毎月指定日(契約者が決定)どちらか選択することができます。口座振替で返済する場合は毎月6日になります。

 

借入方法は銀行振込また自社ATM、提携ATM(手数料1万円以下108円、1万円超216円必要)となります。のちほど説明しますが特定の口座を持っていると土日でも銀行振込が受けられます。

 

返済方法はインターネット返済、銀行振込(振込手数料負担)、口座振替、自社ATM、提携ATM(手数料1万円以下108円、1万円超216円必要)です。銀行振込の場合、契約時に明細書不要にしておけば、郵送されてくることはありません。

 

申込条件として20歳以上があるため、未成年は申込することができません。専業主婦(夫)は借りれませんが、パート・アルバイトで安定した収入があれば申込することができます。

 

収入証明書はアコムで50万円またはアコム+他社が100万円を超える時に必要となります。

 

アコムの審査に通るには?

 

アコムからお金を借りるためには審査に通る必要があります。審査が不安という人もおられるでしょうが、下記ポイントで問題ないようであれば審査に通る可能性は高いでしょう。

 

アコムの審査通過率は44.1%~47.3(2017年10月~2018年2月)となっていて半分以上は審査に落ちることになります。(アコムマンスリーレポート参照)

 

申込額が総量規制(年収の1/3)内であること

 

アコム等の消費者金融は総量規制の対象であるため、年収(税込)の1/3を超える借入をすることができません。

 

年収が600万円の人がアコムから借りれる上限は600万円×1/3=200万円となります。申込金額を間違えると審査に通ることができません。

 

また年収600万円だからといって、初めての申込でいきなり200万円を申込しても審査に通ることは難しいでしょう。

 

初めての利用で借りれる上限は50万円程度です。それ以上借りれないということはありませんが、収入証明書が必要にもなるため、50万円以下にしておきましょう。

 

安定した収入があること

 

申込条件にもなっていますが、安定した収入がなければ審査に通りません。先述した通り専業主婦(夫)や無職、収入が年金のみという人は審査に通るのは難しいでしょう。

 

学生(20歳以上)でもアルバイトで安定した収入があると判断されれば、年収の1/3以内で借りることができます。

 

個人事業主や自営業者は、収入が安定しているとは言いにくいため、審査は多少厳しくなることが予想されます。

 

信用情報に問題がないこと

 

信用情報とは、他社の借入件数や金額、返済の状況などがわかる、審査の時に必ずチェックされるものです。

 

借入があれば問題というわけではなく、年収1/3以上の金額であったり、他社での返済が遅れたりしている状況を問題があるということになります。

 

自己破産や債務整理、長期延滞(3ヶ月以上)などをしていれば、信用情報で5年~10年は記録されます。その状況で審査に通るには厳しいですが、中小消費者金融なら可能性はあります。

 

アコムが保証しているカードローン(銀行や信金等)で問題がないこと

 

アコムは銀行カードローンの保証会社になっています。保証会社とは契約者が返済不能になった際に、銀行へ契約者に代わって返済(代位弁済)を行います。そのため、銀行カードローンの審査は主に保証会社が行っています。

 

例えばアコムは三菱UFJ銀行カードローンの保証会社となっています。三菱UFJカードローンで代位弁済をした人がアコムで申込しても審査に通ることはありません。

 

代位弁済も異動情報が記録されますが一定期間経過すれば消えてわからなくなります。

 

信用情報からからは消えても、アコムの社内情報としては残り続けます。そのような場合、審査にプラスになるとは考えにくいです。

 

アコムのおすすめポイント

  • 30日間金利0円サービス
  • 24時間365日振込融資に対応
  • カードローン付クレジットカードがある

 

アコムの無利息期間サービス

 

アコムは30日間無利息で借りることができます。条件は@アコムでの契約が初めてA返済期日を「35日ごと」を選択となっています。

 

アコムと契約して30日以内に完済すれば利息を支払う必要がありません。短期間の利用であれば銀行カードローンよりアコムの方が利息を抑えることができます。

 

適用開始日は契約日の翌日から適用されます。借入をしていなくても無利息期間は経過するため注意が必要です。

 

必ず利用できるわけではなく、アコムが不適当と判断すれば対象外となることがあります。

 

アコムは楽天銀行ならいつでも振込融資

 

先述しましたが、新規契約に限り、三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・三井住友銀行は振込融資が受けられる時間が長くなります。

 

そして楽天銀行なら新規だけではなく、追加借入も24時間いつでも最短1分で振込されます。土日等の銀行が営業していない時間でも振込で借りることができます。

 

正確には受付時間は0:10~23:50となっていて、メンテナンス(毎週月曜1:00~5:00・毎日23:50~0:10)の時は利用することはできません。

 

アコムのACマスターカードは即日発行可能

 

クレジットカードの商品内容

利用限度額 10万円~300万円
手数料率/実質年率 10.0%~14.6%
各回の支払期日 35日ごとの支払・毎月支払(口座振替・口座振替以外)

 

アコムのクレジットカード、アコムACマスターカードは、最短即日発行+キャッシングをすることができます。

 

キャッシング枠が、最短即日で利用できるクレジットカードはそんなに多くはありません。

 

自動契約機へ行けば即日発行が可能となります。カードローンと同じような流れでクレジットカードが発行できます。

 

アコムの自動契約機は夜遅く(8時~22時)まで営業しているため、仕事帰りにでも来店すれば、即日発行となります。

 

ACマスターカードのポイント

  • Mastercardのクレジット機能がついても年会費無料
  • 最短即日カード発行
  • 利用明細の郵送なし