キャッシュカード兼用型(一体型)とは?

 

銀行カードローンの中にはカードを発行するのではなく手元にあるキャッシュカードを利用して借入や返済をするところがあります。

 

そのようなカードはキャッシュカード兼用型(一体型)と呼ばれています。

 

キャッシュカード兼用型(一体型)のメリットは?

 

  • カードの郵送がないのでバレにくい
  • 審査通過後すぐに借入できる
  • カードを見られてもローンカードと思われない
  • カードが増えない

 

カードの郵送がないのでバレにくい

キャッシュカード兼用型を利用する時はあweb完結を利用して契約をすることになります。

 

webだけで契約ができるためローンカードだけではなく契約書も送られて来ないので家族にバレにくくはなります。

 

ただ何も送られて来ないというわけではなく利用規定等の書類は送られてきます。書類がまずいということあれば自動契約機のあるカードローンを利用しましょう。

 

審査通過後すぐに借入できる

手元のキャッシュカードで借入できるため、審査が通ればすぐに借入することができます。自行のATMだけではなくコンビニ提携ATM等でも借入することができます。

 

キャッシュカード兼用型でないと郵送を待つか、自動契約機へ取りに行くといった方法でしか受け取りできないため、非常に便利です。

 

カードを見られてもローンカードと思われない

キャッシュカード兼用型は見られても、ローン機能がついているかわからないため、バレるリスクが低くなります。

 

銀行にもよりますがローンカードとキャッシュカードに大きな違いはありませんが、よく見るとローンという文字が記載されているため、バレることがあります。

 

カードが増えない

いくつかカードローンを利用していたり、クレジットカードを持っているとカードの枚数が多くなってしまいます。

 

もし現在使っている銀行がキャッシュカード一体型で利用できるならカードも増えないため、利用してもいいかもしれません。

 

キャッシュカード兼用型の銀行

  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • ソニー銀行

 

ローンカードとキャッシュカード一体型(兼用型)に違いはあるか?

 

キャッシュカード一体型(兼用型)に違いは特にありません。ただ一部利用できない提携ATMがあるというくらいです。

 

みずほ銀行の場合だと、提携金融機関ATMやゆうちょ銀行ATMは利用することができません。

 

手数料もキャッシュカード一体型(兼用型)とローンカードに違いはありません。コンビニATMを利用する時は1万円以下108円、1万円超216円手数料が必要です。

 

自行ATMを利用する時は平日8:45~18:00なら手数料0円で利用することはできますがそれ以外は108円か216円の手数料必要となります。