デビットカードは審査がある?

 

クレジットカードと似たよう機能を持っているのが、デビットカードです。クレジットカードと同じくカードで支払をすることができます。

 

ただデビットカードを利用するために審査は必要ありません。なぜならデビットカードは、お金を借りるのではなく、自分のお金で支払することになるからです。

 

デビットカードを利用するとすぐに口座引き落としがかかります。そのため口座にお金が無ければ利用することができません。

 

  • クレジットカード・・・後払い
  • デビットカード・・・同時払い
  • プリペイドカード・・・前払い

 

デビットカードにはクレジットカードと同じくVisaやJCBといったブランドがあります。VisaやJCBのマークがあれば、国内だけではなく海外でも利用することができるのです。

 

デビットカードのメリット

  • ATMから出金不要で利用することができる
  • カード払いだが実際は現金払いと変わらない
  • お金の管理がしやすい

 

みずほ銀行のデビットカード

 

みずほ銀行にはみずほJCBデビットデビットカードサービス(J-Debit)の2種類があります。

 

みずほJCBデビットの詳細

申込できる人 15歳以上(中学生除く)の個人
カードの種類 JCBデビット単体型カード
年会費 初年度無料 次年以降1080円
※満23歳以下 年間1回以上ショッピング利用で無料
サービス内容

利用時間帯:月~金24時間 土0時~22時 日8時~24時
利用限度額:最大1日200万円 1回200万円 1ケ月250万円
利用特典:キャッシュバック(毎月利用額の0.2%) みずほマイレージクラブのうれしい特典
付帯保険:ショッピングカード保険(海外)年間最大100万円 旅行傷害保険(国内・海外)最大3000万円

 

みずほJCBデビットを利用するにはインターネットから申込をする必要があります。専用カードが必要となるためカードが増えます。

 

そして2年目以降は手数料が1080円必要となりますが一度でも利用すれば無料になるため実質無料となります。

 

みずほJCBデビットでは国内海外のJCBの加盟店で利用することができます。キャッシュバック等のサービスを受けることができます。

 

デビットカードサービス(J-Debit)の詳細

カードの種類 普通預金等のキャッシュカード
年会費 無料
サービス内容

利用できる時間:月~金24時間 土0時~22時 日8時~24時
利用限度額:最大50万円(10万 20万 30万 40万 50万)
※別途手続きをとれば100万200万も可能

 

Jデビット

デビットカードサービス(J-Debit)は右記マークがある国内の店で利用することができます。具体的にはビックカメラやJTB、ANA等で利用できます。

 

デビットサービスカードはJCBデビットとは異なり事前に申込する必要はありません。キャッシュカードで利用できるようになっています。必要なければ外すこともできます。

 

Jデビットサービス

 

2種類の違い

種別 使用カード 利用可能額 付帯サービス
みずほJCBデビット ショッピング専用カード 一部加盟店を除く世界のJCB加盟店 旅行傷害保険
デビットカードサービス(J-Debit) キャッシュカード 国内J-Debit加盟店 なし

 

みずほJCBデビットの申込や解約方法は?

 

みずほJCBデビットの申込はインターネットから可能となります。口座が必要となるため持っていなければ口座開設後の申込となります。

 

インターネットでは口座名義人名(カナ)の入力→口座引落しの申込→申込情報の入力→内容の確認で完了となります。

 

申込はインターネットから行えますが解約はインターネットではなく、来店での手続きが必要となります。仕事等で行けない人は、解約することができません。