みずほ銀行カードローンの金利を比較

先生

 

 

 

銀行カードローンは、消費者金融と比較すると低金利で借入することができます。

 

銀行カードローンでも金利にばらつきがあります。その中でみずほ銀行カードローンの金利は、低いのか比較していきます。


 

みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
三菱UFJ銀行カードローン 1.8%~14.6%

 

メガバンク3行で比較すると上限金利が14.0%に設定されており一番低くなっています。金利でカードローンを選ぶ時は上限金利で比較しましょう。

 

カードローンは50万円~100万円単位で金利が変わり、限度額が大きくなるにつれて下がっていきます。

 

つまり下限金利は、限度額の上限近くまで借入しないと適用されません。限度額の上限まで借入できる人はほとんどいないため、下限金利はあまり気にしなくても大丈夫です。

 

取引をしていけば増額(増枠)が可能となり金利を下げることもできます。みずほ銀行カードローンは2017年4月以降、年収の1/3を超える貸付をしないため、一定の年収が必要となります。

 

金利

 

残高別に金利を比較

限度額 みずほ銀行 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行
50万円 14.0% 12.0%~14.5% 13.6%~14.6%
100万円 12.0% 12.0%~14.5% 13.6%~14.6%
200万円 9.0% 10.0%~12.0% 10.6%~13.6%
300万円 7.0% 8.0%~10.0% 7.6%~10.6%

 

金利による利息の違いは?

 

先生

 

 

 

低金利のカードローンが選ばれる理由は、発生する利息が少ないからです。

 

実際金利によって発生する利息はいくら位違ってくるのか比較してみます。


 

利息の求め方

利息=借入残高×実質年率(金利)÷365日×利用日数

 

借入残高10万円

実質年率(金利) 1ヶ月(30日)の利息
18% 1,479円
14% 1,150円
7.99% 656円

 

借入残高30万円

実質年率(金利) 1ヶ月(30日)の利息
18% 4,438円
14% 3,452円
7.99% 1,970円

 

借入残高50万円

実質年率(金利) 1ヶ月(30日)の利息
18% 7,397円
14% 5,753円
7.99% 3,283円

 

18%は消費者金融の多くが設定している上限金利となります。金利が10%違うと利息の違いも大きく、残高が大きいと違いがはっきりします。

 

消費者金融とみずほ銀行を比較すると、金利は4%違い50万円借入の場合、利息が1ケ月で約1,600円違います。

 

低金利のカードローンを利用する時に気を付けることは?

 

低金利のカードローンを利用できれば利息を抑えることができます。

 

ただ、重要なのが毎月の返済額になります。毎月の返済額が低いカードローンを利用すると、完済までに支払する利息が、金利が高いカードローンより多くなることがあります。

 

カードローンで決められている返済額は「毎月最低これだけは払って下さい」というものであるため、それ以上払っても問題はありません。追加返済していくことで、完済までの利息を抑えることができます。

 

みずほ銀行カードローンは毎月の返済は必ず口座引き落としとなります。最低返済額のみ引き落としされるため、ATM等を利用して追加返済しなくてはいけません。

 

延滞した時の金利は?

 

みずほ銀行カードローンの返済を遅れると金利は19.9%になります。通常の金利より約6%高くなります。

 

三井住友銀行カードローンも返済が遅れた場合、金利は高くなりますが、三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)は、遅れても金利は変わりません。

 

遅れた時の金利は遅延損害利率と呼ばれます。通常の利率は限度額大きくなると低くなりますが、遅延損害利率は低くなりません。

 

銀行カードローン 遅延損害利率
みずほ銀行カードローン 年19.9%
三井住友銀行カードローン 年19.94%
三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック) 年14.6%