みずほ銀行カードローンと消費者金融はどちらを利用するべき?

先生

 

 

カードローンを選ぶ時に消費者金融か銀行カードローンにするか悩むこともあります。

 

カードローン選ぶ要素としては毎月の返済額や金利、限度額、サービスといろいろあります。

 

みずほ銀行カードローンと消費者金融の返済額や金利等を比較していきます。


 

金利の違いは?

 

カードローン 金利
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0%
プロミス 4.5%~17.8%
アコム 3.0%~18.0%
アイフル 4.5%~18.0%

 

みずほ銀行と消費者金融の金利の違いは上記の通りとなっています。

 

下限金利は大きな違いはありませんが、みずほ銀行カードローンは、上限金利が14.0%と低くなっています。

 

みずほ銀行の金利の詳細はこちら⇒

 

返済額の違いは?

 

借入残高10万円

カードローン 返済額
みずほ銀行カードローン 1万円
プロミス 4千円
アコム 5千円
アイフル 4千円

 

借入残高30万円

カードローン 返済額
みずほ銀行カードローン 1万円
プロミス 1万1千円
アコム 1万3千円
アイフル 1万1千円

 

借入残高50万円

カードローン 返済額
みずほ銀行カードローン 1万円
プロミス 1万3千円
アコム 1万5千円
アイフル 1万3千円

 

借入残高100万円

カードローン 返済額
みずほ銀行カードローン 2万円
プロミス 2万6千円
アコム 3万円
アイフル 2万6千円

 

返済額は、みずほ銀行カードローンが低いということはありません。50万円以下の場合、消費者金融よりも高くなります。

 

みずほ銀行カードローンは、限度額200万円未満の場合、限度額50万円増で返済額が1万円増となっていきます。

 

みずほ銀行の返済額の詳細はこちら⇒

 

限度額の違いは?

 

カードローン 限度額
みずほ銀行カードローン 上限800万円
プロミス 上限500万円
アコム 上限800万円
アイフル 上限500万円

 

限度額の上限は、みずほ銀行カードローンが800万円となっています。

 

消費者金融よりみずほ銀行の方が大きな金額を借入できる可能性があります。

 

ただ実際800万円まで借入できる人はほとんどいません。みずほ銀行カードローンは年収の1/3までしか借入できません。

 

800万円の限度額適用には年収2400万円が必要となってくるため、現実的ではないのです。

 

実際借りれる上限は変わらない?

先生

 

 

みずほ銀行カードローンと消費者金融の限度額は違いますが、実際に借入できる上限は同じとなっています。

 

どちらも年収(税込)の1/3までしか借入することはできません。

 

消費者金融は法律で禁止されています。みずほ銀行は過剰貸付が問題となっているため、自主規制を行っています。

 


 

サービスが充実している消費者金融

 

消費者金融にはみずほ銀行カードローンには無いサービスがいろいろとあります。

 

例えば、無利息期間サービスです。プロミスやアコム、アイフルでは初回契約に限り30日無利息で利用できます。プロミスはポイントサービスを利用すると、取引中でも無利息になります。

 

無利息期間サービスがあるため、短期利用の方は消費者金融の方が発生する利息を少なくできます。

 

消費者金融は、自動契約機があるため、平日の夜や土日でもカードを受け取ることができ、土日審査にも対応しています。みずほ銀行カードローンは土日に申込をしても審査結果は翌営業日になります。

 

土日祝等の金融機関が休みの時でも、消費者金融は特定の銀行口座があれば振込融資に対応しています。プロミスなら最短10秒といった速さで振込になります。 

 

融資までが早いのは?

 

融資までの時間が早いのは消費者金融です。

 

審査に時間は最短30分、融資までの時間は最短1時間となっています。

 

みずほ銀行カードローンに限らず、銀行カードローンは2018年1月から即日審査ができなくなり、早くても翌日以降の融資となります。

 

銀行はカードローンの審査において、警察庁のデータベースへ照会をして、反社会勢力ではないかチェックする必要があります。

 

照会結果が出るのに最低1日はかかるため、銀行カードローンからは申込の当日に借入することができません。

 

できるだけ早く借入をしたい人は間違いなく消費者金融を選択するべきです。