カードローンの審査ポイントは?

審査ポイント

 

審査の通過が難しい人
  • 安定した収入がない人
  • 他社借入が多すぎる人
  • 債務整理の経験がある人
  • 他社返済が遅れている人

 

上記の場合になると銀行、消費者金融関係なく審査には通りにくくなります。

 

カードローンは、原則安定した収入がないと申込することはできません。正社員でなくても、アルバイトやパートでも申込することはできます。

 

一部カードローンには年収により申込制限はありますが、基本的に年収ではな、安定した収入の有無が審査でのポイントになります。

 

他社借入が多すぎると審査に通りにくいです。いくら借入すれば多すぎるとなるかは、利用する人の年収によって変わってきます。

 

消費者金融からは年収の1/3以上の借入ができないと法律によって決まっています。銀行には法規制はありませんが自主規制で借入できる金額を制限しているところもあります。

 

債務整理(任意整理、自己破産、特定調停等)をしている場合は、一定期間(5年~10年)借入することは難しくなります。過払い請求していても信用情報には問題ありませんが、過払い請求した業者へ申込をしても審査に通らないでしょう。

 

他社の返済が遅れていると審査には不利になります。延滞日数は数日でも毎月遅れていたり、長期(3ヶ月以上)に渡って延滞していれば、審査に通ることはありません。

 

カードローン審査で重要になる信用情報と属性

 

信用情報

 

他社借入額、債務整理の有無、返済状況等は、信用情報を確認すればわかります。借入額を偽って申込しても、審査に不利になるだけです。

 

信用情報とは過去~現在までの金融取引の履歴が記録されているものです。

 

信用情報は現在の借入状況だけではなく、過去の完済情報、自己破産等の情報(異動情報)が一定期間は記録されます。異動情報の中には長期延滞の情報もあり3ヶ月以上の延滞は、異動情報として記録されます。

 

信用情報はカードローンの情報だけが記録されるわけではありません。例えば、スマホの端末を分割で払っている場合、長期延滞になると異動情報として記録されます。

 

属性

 

属性とは、カードローンの申込時に入力する住所や勤務先等の情報になります。

 

属性で確認する一番重要なことは返済能力の有無になります。返済能力とは完済するまで毎月返済していくことができる能力のことになります。

 

金融機関によって、どの属性を重要視しているかはバラバラですが、返済能力を判断するため、勤務先に関することは重要視されます。

 

みずほ銀行カードローンの審査基準は?

 

審査ポイント

 

みずほ銀行カードローンの審査で重要なことは、年収の1/3までしか借入することができないことです。以前は年収の1/2まで借入することはできていましたが、2017年4月から自主規制により引き下げとなりました。

 

みずほ銀行のみで年収の1/3ではなく、他カードローンの借入を合算した金額が、年収の1/3までしか借入することができません。すでに年収の1/3近くにまで借入がある人は、みずほ銀行から借入をすることは難しいでしょう。

 

新規だけの話ではなく、増額をする時も適用されるため、年収の1/3近くになっている人は、増額は厳しくなりそうです。

 

そして、既に年収の1/3を超えている人は、限度額が減額されたり、追加融資ができなくなったりするでしょう。消費者金融でも総量規制導入で総額が年収の1/3を超える人は追加融資が受けられなくなりました。

 

自主規制をしても過剰貸付が改善されなければ銀行カードローンも総量規制の対象となるため、審査基準も厳しくなるでしょう。

 

みずほ銀行カードローンの審査時間はどれくらい?

 

申込方法 審査時間
インターネット(パソコン・スマホ) 最短即日(申込時間が午後にの場合、翌営業日以降)   
店頭 原則翌営業日(申込時間が午後の場合、2営業日後になる場合あり)
郵送 申込書到着後、原則翌営業日
電話 申込受付後、原則2~3営業日後

 

審査時間は申込方法によって違います。ネットから午前中に申込完了すれば、最短当日に審査結果が出ます。急いでいる人は、ネットまたは店頭からの申込をおすすめします。

 

審査時間は申込する人の属性によっても変わってきます。下記が審査時間が長い人、短い人の特長です。

 

審査時間が短い人

  • 公務員・大手企業勤務
  • 正社員
  • 収入が安定かつ高い
  • 勤続年数が長い
  • 他社返済で遅れていない

 

審査時間が長い人

  • 個人事業主や零細企業勤務
  • パート、アルバイト、派遣社員
  • 収入が不安定
  • 勤続年数が短い
  • 他社返済が遅れている

 

 

 

収入証明書は必要になるか?

 

みずほ銀行カードローンの審査では収入証明書が必要な場合があります。